サポートケースの作成

Cloudera Altusのコンソールからは、Clouderaのサポートに対してトラブルシューティングを支援してもらうためのチケットを登録できます。問題を早く解決できるようにするためには、このサポートチケットにできる限りの情報を含めておいてください。

サポートチケットを登録するには、以下のようにします。

  1. Cloudera Altusコンソールにサインインします。

    https://console.altus.cloudera.com/

  2. Supportをクリックし、Support Centerを選択します。
  3. Support Centerのページで、必要なサポートのタイプに応じて以下のセクションのいずれかをクリックします。
    • Billing アカウントや、アカウントに対する課金に関する質問です。
    • Service Limits ユーザー、クラスター、ジョブの数といったAltusのリソース制限を引き上げるためのリクエストです。Altusのリソースの制限に関する詳しい情報については、Altusのリソースの制限を参照してください。
    • Technical Support Environmentの作成、認可やクラスタ、ジョブの設定といった、Altusのコンポーネントに関する問題への支援のリクエストです。

      登録しようとしているテクニカルサポートの問題がAltus Data Engineeringコンポーネントに関係があるなら、以下の情報も選択してください。

      • 問題が生じたのはAltusのどの部分か。
      • Altusがクラスターから収集した診断データを使うか。

        診断データを使うことを選択すると、Altusは指定したクラスターの診断データを生成し、そのデータをClouderaのテクニカルサポートに送信します。

      • 診断データを使うことを選択したなら、サポートが必要なクラスターのCRNを提供してください。

        CRN(Cloudera Resource Name)は、Altusで作成されたリソースのユニークな識別子です。診断データには、そのクラスターに関する詳細が含まれており、サポートエンジニアに関連情報を提供します。

  4. Create a Caseをクリックします。
  5. Cloudera supportのウィンドウで、チケットの詳細を記入します。

    問題を説明し、連絡先の情報を記入してください。

  6. Submitをクリックします。

Cloudera supportのウィンドウでは、Cloudera製品のドキュメンテーションやナレッジベース、あるいはその他のリソースにアクセスできます。また、Altusコミュニティのページにアクセスして質問やコメントをポストすることもできます。