Altusのコンポーネント

QuickstartでAltus Environmentを作成したとき、あるいはクラスターを作成したとき、AltusはユーザーのAWSアカウント内にコンポーネント群を作成します。ユーザーがジョブを実行すると、AltusはそのユーザーのEnvironmentやクラスターの設定に応じてAWSアカウント内にコンポーネントを作成することがあります。ユーザーは、AWSアカウント内にAltusが作成したコンポーネントを見ることができます。

Altusが作成したコンポーネントを削除しなければならないような問題が生じたなら、AWSアカウント内のコンポーネントを探して削除できます。

Altusは、以下のコンポーネントをユーザーのアカウント内に作成します。
CloudFormationのスタック
Quickstartを使ってEnvironmentを作成したなら、AltusはAWS CloudFormationを使ってリソースのスタックを作成し、そのスタックからAltus Environmentを構築しています。Altusが作成するリソーススタックの名前は、ユーザーがQuickstartで指定したAWSのスタック名です。
EC2インスタンス
ユーザーがクラスターを作成すると、AltusはAWSアカウント内にクラスターのノードとして使うEC2インスタンスを作成します。Altusは、マスターノード、複数のワーカーノード、Cloudera Managerのノードを作成します。Altusクラスター内のノードになっているEC2インスタンスは、crn:altus:dataeng:...で始まるCloudera resource name(CRN)を持っています。

Altusクラスター用に作成されたEC2インスタンスは、クラスター内でのロールを示すタグも持っています。Altusタグに関する詳しい情報についてはAltusタグを参照してください。

EC2に登録されたSSHキーペア
クラスターを作成する際には、SSHのプライベートキーをAltusに渡し、AltusがAWSアカウント内にクラスターを作成できるようにしてやらなければなりません。SSHキーの自動登録オプションを有効にし、未登録のキーペアを渡した場合には、AltusはそのキーをEC2にインポートし、クラスターを作成するリージョンに登録します。
クラスターとジョブのログ
ワークロードのログをアーカイブするオプションを有効にしている場合、Altusはクラスターとジョブのログを指定したAmazon S3のバケットに書き込みます。ログファイルの名前には、ログを生成したクラスターの名前が含まれます。
S3Guard DynamoDBテーブル
Amazon S3のバケットに対するS3Guardオプションを有効にしている場合、Altusにはメタデータを保存し、S3に書かれたデータがすぐに処理できることを保証するためのAmazon DynamoDBテーブルが必要になります。ユーザーがクラスターを作成すると、Amazon DynamoDBのテーブルがなければクラスターがテーブルを作成します。このDynamoDBのテーブル名は、このオプションを有効化したときにユーザーが指定した名前になります。ユーザーが名前を指定していなければ、クラスターはこのテーブルの名前をデフォルトのs3guard-metadataにします。