Cloudera World Tokyoは、世界No.1の実績を誇るビッグデータプラットフォームカンパニーのClouderaが主催するビッグデータ、データサイエンスなどを取り巻く企業やパートナー、エンドユーザーをつなぐ日本最大級のイベントです。

企業で爆発的に増えるデータをどのように扱い、業務の効率性のみならずビジネスの発展に活かしていくのかをテーマに昨年11月に開催致しましたが、この度、大変好評につき本イベントの基調講演の録画版を公開させていただきます!ぜひこの機会にご視聴ください。

登録

Clouderaよりメールを受け取る
Clouderaの規約に同意します。

アジェンダ

新しいビッグデータの焦点、アプローチと原動力について

ビッグデータソリューションは、その始点から、ボリュームの多さ、複雑さ、多様性、およびデータの速度を習得させる事で知られています。そして今日のようにビッグデータが一般に使われ「データの民主化」と言われる時代に入ると、今までなかった課題として考慮すべき内容が増えてきます。それらの課題を克服し、最先端のソリューションでビジネスの変革をもたらすための新しいアプローチをClouderaのチーフ テクノロジー オフィサーのAmr Awadallahが紐解きます。

10年目を迎えたApache Hadoop

2016年でApache Hadoopの10周年を迎えました。この誕生日の年は、まさに我々がどのようにしてここに至り、そして将来どこに向かうのかを考える機会を与えてくれる重要な要の年です。10年前はデジタルビジネスはeコマースやメディアなど限られたセクターのものでしかありませんでした。そういった時代から、今はデジタルテクノロジーは遍く業界の中心に使われるようになりました。Hadoopはこのデジタル化への変革を創造してきただけではなく、他にも重要な役割を果たしてきました。そのHadoopの役割や変遷をお伝えすることにより、どのような時代に我々が直面しているのかをこの講演ではDoug Cuttingがお話しさせていただきます。

ビッグデータ分析のビジネスインパクトについて

本講演では、世界の様々な国や地域そして企業において、デジタル時代への変革を遂げるにあたり、ビッグデータ分析が企業におけるビジネスと国家レベルでの難題をどのように解決することができるか、その実例を含めてDaniel Ngがご紹介させていただきます。

スピーカー

Amr Awadallah, Ph.D. Chief Technology Officer
Doug Cutting Chief Architect
Daniel Ng Cloudera, Inc. Senior Director APAC